「世代をこえる家代々の宝物」
不朽の名作を不朽のジュエリーに

伊藤若冲/群鶏図

伊藤若冲/群鶏図

伊藤 若冲(いとう じゃくちゅう)

正徳6年2月8日(1716年3月1日) - 寛政12年9月10日(1800年10月27日))近世日本の画家の一人です。江戸時代中期の京にて活躍した絵師。写実と想像を巧みに融合させた「奇想の画家」として曾我蕭白、長沢芦雪と並び称せられています。

伊藤若冲/群鶏図 作品情報

【使用している主なジュエリー】

・ルビー(天然コランダム)

・オパール(天然オパール)

・カーネリアン(天然クォーツ)

・ブラックスピネル(天然スピネル)

・アマゾナイト(天然アマゾナイト)

・ジルコン(天然ジルコン)

・マザー・オブ・パール(天然シェル)

・ジェイド(天然ジェダイト)